結婚式スピーチ作成センターのブログ

ユーモアは必要か?

time 2013/06/13

ユーモアは必要か?

 

興味深い傾向がありまして、

 

「ユーモアを入れたい」と思っていらっしゃる方ほど、

普段、洒落なんかをお話する方ではない場合が多い気がします。

 

結婚式の場ですので、何か気の効いた面白いことでも話さないと、

と思ってしまうのかもしれませんね。

 

 

で、それが良いとか良くないとかっていうお話ではなく、

ユーモアを入れる入れないの判断は、その人のキャラクターによりますよ、

というのが重要なことなんです。

 

 

ですから決して無理には入れないでください。

 

無理すると、「とってつけた感全開!のユーモラスな内容」を話すことになり、

式当日、涼しげな空気が流れてしまいます(汗)

 

 

いっぽうで、普段から人を笑わせよう笑わせようと思っていらっしゃる方。

(って、そんな方がいるのだろうか。。。)

 

そんな方は、ユーモアを入れようと意識しなくても、

無意識的に入ってくるはずですので、

決して入れる気マンマンにならないでください。

 

 

スピーチが大いに散らかってしまいます(笑)

 

 

humor youmore

 

 

そう、つまり、ユーモアは意図して入れるものではなく、

自然と入るもの(または入らないもの)ではないかと思います。

 

 

また、そもそもユーモアのあるなしが

優れたスピーチか否かを決めるものではありませんので、

実はそんなに重要度が高くない事柄だったりします。

 

 

ちなみに、優れたスピーチか否かを決めるのは、

もちろん、新郎新婦をしっかりお祝いしているかどうか、です。

 

 

Humor(ユーモア お上品な洒落っ気)

 

 

ではなく、

 

 

You More(ユーモア あなたのことをもっと思う)

 

 

と捉えていただくのがよろしいかと思います。

 

 

 

 

 

————————————– ————————————– ————————————–

 

社長・上司の主賓のスピーチ例文

焼肉店 店長のスピーチ原稿はこちら
主賓(会社社長)の原稿はこちら
大学教授の原稿はこちら
友人代表の例文

高校の部活仲間への原稿はこちら
新郎と新婦の出会いを物語形式で贈る友人代表の原稿はこちら
野球部でバッテリーを組んだ新郎へ贈る友人代表の原稿はこちら
親族代表の例文

叔父から甥への親族代表の原稿はこちら
従姉から従弟(いとこの関係)の親族代表の原稿はこちら

 

 

運営会社

結婚式スピーチ作成センター

結婚式スピーチ作成センター

社長・上司、親族代表など、結婚式で発表するスピーチ原稿の作成を専門にしています。 [結婚式スピーチ作成センターのウェブサイトへ]

メニュー

各種作成サービス:
 
※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。
 
社長・上司(主賓)の立場
 
親族代表(おじ おば)の立場
 
翌朝10時納品サービス
 

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に弊社が掲載されました