結婚式スピーチ作成センターのブログ

【例文】友人代表のスピーチ 一覧

小学校からの幼馴染の友人代表の例文
31歳会社員の女性が友人である新婦(同級生。小学校時代からの友人で幼なじみ)へあてた、結婚式 披露宴で読む原稿。

 

大学時代の同級生の友人代表の例文
大学入学時に出会い、以来ずっと仲良くしてきた友人が結婚を迎えた。
関西出身の女性が手紙形式で優しく温かく伝えているのが特徴です。

 

部活仲間である友人代表の例文
高校で一緒に練習してきた部活仲間が結婚する。手紙形式で新婦に語りかけている、そんなスピーチです。

 

野球部でバッテリーを組んだ新郎へ贈る友人代表の例文
高校で野球部でバッテリーを組んだ新郎の結婚式する。おもしろおかしく、温かく。二人だから分かり合える、そんな笑いと涙と友情のスピーチです。

 

小学校の同級生(新婦)へ贈る友人代表の例文
楽しい時間をずっと共有してきた親友へのスピーチ。たくさんの思い出を振り返り、改めて新婦の存在の大切さに気づき、感謝の言葉を伝えています。

 

音楽の趣味が一緒の新郎の結婚式で述べる友人代表の例文
レゲエ音楽という共通の楽しみをみつけた友人がみせた、最高にカッコイイ姿と少し情けない思い出話をしながらも、温かく見守り祝う、そんな内容になっています。

 

新郎と新婦の出会いを物語形式で贈る友人代表の立場
新郎と新婦の奇跡的な出会いを物語形式でご列席の皆様にお伝えします。一般的なスピーチとはひとあじ違った祝辞を作りたい方は必見です。

 

幼馴染の新郎と新婦が結婚。立場的には新郎側の友人代表のスピーチ
いつのまにか立派な旦那になり、父親になる。ずっと友達だった二人が結婚する。どこか懐かしく、どこか優しい、そんな内容になっています。

 

昔とは違う、新たな関係を築いた友人(新郎)の結婚式で
子どもの頃からの友人関係が、大人になってからも続いているのはいいことですね。でも実際は仕事だったり生活の環境の違いで、難しくなるのが事実です。大人になって、あることがきっかけでまた仲良くなれたなら、その関係はずっと続いていくはずです。

 

小さいときから一緒にいた、姉妹みたいな友人(新婦)の結婚式で
小さいときからずっと一緒にいた友人が結婚。結婚をきっかけに、姉妹のような関係が変わってしまうかもしれない寂しさを感じていましたが、新婦の最高の笑顔を見ると、やっぱり嬉しいものです。

 

退学を考える私へ助言をくれた料理上手な新婦へ贈る友人代表の例文
保育園から高校までずっと一緒にいた幼なじみが結婚。新婦の手料理をいただいたり、新婦の言葉に助けられたり・・・。まさに理想の奥さんと言える新婦への感謝と、幸せを願うあたたかい例文です。

 

新しい大きな一歩をいつも一緒に踏み出してきた友人へのスピーチ
今まで大きな一歩を踏み出す時はいつも一緒だった2人。どんなときも共に喜び合い、励ましあってきました。そして今日、さらに大きな一歩を踏み出そうとしている友人に祝福の気持ちいっぱいの例文です。

 

10年前の友人(新婦)の決意を取り上げた結婚式スピーチ
一念発起する瞬間は誰にでもあります。この例文は、新婦(32歳)の10年前の手紙を取り上げて、彼女の前向きな気持ち・素晴らしさをしっかり伝えている内容になっています。

 

友達(新婦)の結婚式で、二人で手紙を読む
友人代表として二人がスピーチする。
手紙を書いて、その前半を一人が、後半をもう一人が読む内容。

 

元カラオケ店員らしい歌を話題にした内容の友人代表の例文
カラオケ店で共にアルバイトをしていた新婦と私。ある日、甘い歌声の持ち主が来店されました。猛烈な攻撃をする新婦。
キューピッド役?になった立場からのお祝いの例文です。

 

飾らない言葉で心からの気持ちを伝える、友人代表のスピーチ
良いことも悪いことも、何をするにも一緒だった二人。今更かっこいい言葉でお祝いするなんて逆に恥ずかしい。だからこそ自分らしく、心からの気持ちをそのまま言葉にした祝福のメッセージです。

 

心の距離はいつでも近く。大親友に贈る手紙形式の祝辞
お互い違う道に進みながらも、心はずっと近くに感じていた。お祝いの言葉に感謝の気持ちを混ぜ込んで、更に心をこめて読む手紙形式の祝辞です。

 

新婦側 近所のお姉さんの結婚披露宴にて
近所のお姉さんが結婚。小さい頃、かわいがってもらった記憶が走馬灯のように頭の中をめぐり、尊敬の念、感謝の念、そしてお祝いの気持ち、ご近所という特性が出ているたくさんの幸せが詰まった例文です。

 

新婦側 高校の部活仲間の結婚披露宴での友人代表スピーチ 手紙形式
高校で同じクラブで汗を流し、青春をともにしてきた仲間へのお祝いの言葉。その頃に舞い戻ったかのような、熱い気持ちでいっぱいの祝辞になっています。

 

【例文】高校時代からの友人である新婦へ贈る、友人代表の祝辞
高校時代からの友人である新婦と発表者。一緒にいるのが当たり前。何でも話せて、頼りになって、離れていても気持ちはそばに。そんな大切な新婦に贈る、あたたかい気持ちが詰まった祝辞です。

運営会社

結婚式スピーチ作成センター

結婚式スピーチ作成センター

社長・上司、親族代表など、結婚式で発表するスピーチ原稿の作成を専門にしています。 [結婚式スピーチ作成センターのウェブサイトへ]

メニュー

各種作成サービス:
 
※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。
 
社長・上司(主賓)の立場
 
親族代表(おじ おば)の立場
 
翌朝10時納品サービス
 

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に弊社が掲載されました