結婚式スピーチ作成センター

結婚式のスピーチ?披露宴のスピーチ?

time 2011/05/31

結婚式のスピーチ?披露宴のスピーチ?

スピーチを発表するのは披露宴なのに、なぜか結婚式のスピーチと言ってしまうのはなぜだろう。それはね・・・

 

もうずいぶんスピーチ作成を行っているが、以前からひとつ気になっていることがある。
それは上司や友人代表、主賓、来賓などでスピーチを述べる際、

 

「結婚式のスピーチ」

と言ってしまうことである。

 

作成のご依頼をいただく依頼者様も、私たちもまた、ごく自然に「結婚式のスピーチ」という。

 

しかし何かヘンである。

 

よく考えてみれば、結婚式ではスピーチをしない。

結婚式というのは、一般的にチャペルを愛を確かめる厳かな式典のことを指す。

 

外国人の神父さんが前に立って、

「スーコヤーカナルトキモ、ヤッメールトキモウ」

というあれである。

 

スピーチというのは、結婚式のあとの披露宴で述べるものである。

 

そのため、

「披露宴のスピーチ」

が正しい。

 

披露宴というのは、まさに新郎新婦をご臨席の皆様にお披露目する宴(うたげ)である。

ケーキ入刀をしたりキャンドルサービスをしたり、友人からの出し物や最後の新郎の挨拶など、華やかかつ感動的なものだ。

 

ただ、なぜか「披露宴のスピーチ」というと違和感を感じる。

 

「大学時代の友達の結婚式に行ってくる」

とは言うが、

「大学時代の友達の披露宴に行ってくる」

とは言わない。

 

いっぽうで、

「大学時代の友達の結婚式に行ってくる。でも式には出ずに披露宴だけだよ」

とは言う。

 

これらの、一般家庭で使われていそうな会話から察するに、

 

おそらく結婚式という単語には、「結婚式」そのものと「披露宴」、その両方の意味が含まれているからだろうと思う。

 

いやはや、言葉というのは難しいものである。

 

そんなことを思いつつ、今日もやっぱり「結婚式のスピーチ」と言っている私である。

 

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。
 
ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」
 
 

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました