結婚式スピーチ作成センター

エピソードや個性を全部スピーチで話すのは難しい

time 2011/06/21

エピソードや個性を全部スピーチで話すのは難しい

どんなに感動するスピーチでも長くても5分強くらいに収めたほうがいい。ドラマのようなエピソード、はなむけの言葉。いろんなことを話したいとは思いますが、すべての内容を盛り込むのは難しいんです。

 

自分が目をかけ育ててきた部下や後輩、
あるいは互いのことを知り尽くした深い付き合いの友人

 

彼ら彼女らがついに結婚するというのは、とても嬉しいものです。

 

お電話でのヒアリングでも、本当に皆さん我がことのように喜ばれていて、
新郎新婦のことを大切に思っているんだなと感じさせられます。

 

誰かが誰かを、まるで自分のことのように思い、幸せを願うというのはとても素敵なことですね。

 

ときには、新郎新婦を応援する気持ちが強すぎて、

 

・お互い初めて出会ったときから現在に至るまでのドラマのようなエピソード、

・新郎新婦の個性が現れた職場やお酒の席での姿、

・そして、晴れの門出の日だから二人にはこんな言葉をはなむけにして贈りたい

 

など、スピーチに盛り込みたい話題があふれてしまうこともあります。

 

 

原稿作成者としても、スピーチする方の気持ちを汲んですべて織り込みたいものです。

 

しかし、どんなに感動する楽しいスピーチでも、
やはりスピーチは5分以内、長くても5分強くらいには収めたほうがよいのです。

 

ですから、話題は2つ、多くても3つまで絞り込まなければなりません。

 

新郎新婦の人柄がよく出ている話題を選んでいるつもりですが、
原稿に盛り込まれなかった話題は、どうかフリートークの場で紹介してほしいなと願わずにはいられません。

 

だって、本当に新郎新婦に対する愛情にあふれている内容が多いのですから。

 

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。
 
ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」
 
 

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました