結婚式スピーチ作成センター

結婚式 友人代表の例文 趣味が一緒(音楽 新郎側)

time 2017/10/27

レゲエ音楽という共通の楽しみを見つけた友人がみせた、最高にカッコイイ姿と少し情けない思い出話をしながらも、温かく守り祝う、そんな内容になっています。

智也の友人を代表して、僕、櫻井から祝福のメッセージを贈らせてもらいます。
智也とは高校のときに仲良くなって、以来、いろんな遊びを教え、学びあい、共にこなしてきました。おもろいと感じるところが同じ、笑うタイミングが同じ、これが最大の共通点であり、智也と多くの時間を共有してきた理由だと思っています。

なかでも一番はまったのが、レゲエ音楽。

それまでヒップホップばかり聴いていた智也に、「絶対お前ならよさがわかる」と勝手に決めつけCDを貸しまくったのが、新たな遊びの始まりでした。

予想通り、「これが俺の好きな音楽や」と言い出した智也を連れてクラブへ通う毎日。気の合うやつと好きな音楽を爆音で聴きながら時間も忘れて騒ぐ、そんな至福の時間を過ごしながら、本場ジャマイカへ行くっていう夢ができた。それを達成するため、智也と僕は仕事に励み、それでもクラブへ通うことは忘れなかったためか、寝る時間がないほどに働きました。
その結果、去年の夏に念願叶った僕たちは、町中で鳴り響くレゲエに心打たれながら最高の夜を過ごした。昔から格好つけの智也は、そんな最高の夜に「俺、結婚しようと思う」って過去最大の格好をつけた。
男の自分も惚れそうになったほど、あの夜の智也は格好よかった。

付き合いが長い分、ダサい姿や情けない顔もたくさん見てきたけど、間違いなくあのジャマイカでの夜、僕は知らないけど智也がさっちゃんにプロポーズをした夜、そして今、さっちゃんを隣にして堂々としている今夜の智也は格好いい。

褒めすぎたから、ひとつ智也の失敗談を披露すると、ジャマイカで買ったさっちゃんへのお土産を、買った店に忘れて飛行機に乗り、さっちゃんには「楽しすぎて、お前にお土産買うの忘れたわ」とか言ってたけど、あの土産物買うのに何時間待たされたことか、そして忘れたことに気づいたときのあの泣きそうな顔。
さっちゃん、智也ってそういう男です。そういうところも全部含めて、絶対幸せにしてくれると思うから大丈夫だよ、って智也にプレッシャーをかけときます。

智也、これからもおもしろいこといっぱいしながら歳とっていこうな。
そして、来年生まれる二人の子どもにも、おもしろい遊びをいっぱい教えることが今の僕の楽しみです。

智也、さっちゃん、結婚ほんとにおめでとう。

※この例文は著作権法で保護されています。

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。
 
ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」
 
 

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました