結婚式スピーチ作成センター

新婦側 高校の部活仲間の結婚披露宴での友人代表スピーチ 手紙形式

time 2017/10/27

高校で同じクラブで汗を流し、青春をともにしてきた仲間へのお祝いの言葉。その頃に舞い戻ったかのような、熱い気持ちでいっぱいの祝辞になっています。

【はじめの挨拶】
 
ただいまご紹介にあずかりました山本です。
 
麻衣、裕輔君、結婚おめでとう。ご両家ご親族の皆様におかれましても、本日のご良縁誠におめでとうございます。
 
さっきから、麻衣の幸せそうな顔を見て、涙が出てきそうなくらい私も嬉しく感じています。
 
麻衣と初めて会ったのは、高校1年。麻衣の近くの席に座ってた私は、麻衣を見てかわいい子だなって思ってたけど、麻衣がこっちをじーっと睨んでくるものだから、もう嫌われたのかなって悲しんでた思い出があります。後で麻衣に聞いたら、「違うよ!なんか見たことあるなと思って見てただけ。」って一生懸命弁解してくれたよね。中学の陸上の大会で何度かすれ違ったことがあったんだっけ。
 
その後、麻衣は高校でも陸上部に入って。私は吹奏楽部に入部。でも、3ヶ月ほどたったとき、自分に合ってるかな。もう一度、走りたいな。なんて悩み始めて。そんなとき、麻衣と話をしていて「陸上いいなぁ。もう一度やりたいな。」ってつぶやいた私に、麻衣はすごい剣幕でおいでって迫ってきて。なんか、気づけば陸上に入るって言ってました。
 
それから2,3日のうちに陸上部に入部。それ以来麻衣とは高校生活をずっと共にしていたね。つらい練習を共に乗り越えたり、休日に一緒に遊んだり。そのときからずっと麻衣は私の親友です。でも部活では、いつも私の尊敬する人でもあり、良きライバルでもありました。いつも一生懸命で、必死に練習してる姿を見ると、練習をサボり気味だった私は頑張らなきゃって思わされた反面、種目は違えど同じ陸上部のメンバーとして、麻衣には負けないといつも良い意味で影響されていました。
 
今思い返すと、陸上部での思い出はたくさんあります。合宿に行ったときとか、苦手な食べ物が多い麻衣は、こっそり私の皿の上に載せてきて。私はいつも人並み以上の晩御飯を食べさせられてたよね。今でも食欲が旺盛なのはこのときのせいだよ、絶対。もちろん、試合での苦い思い出や、嬉しい思い出、話しきれないほどの思い出があります。悔しさで涙が止まらなかったとき、嬉しさで涙が止まらなかったとき、いつも隣にいてくれたのは麻衣でした。麻衣がいてくれたからこそ、陸上を頑張ることが出来た。いつも一生懸命で、後輩に信頼されて、みんなに愛される。麻衣は本当に最高のキャプテン。いつも私たちを支えてくれたこと、本当にありがとう。
 
大学時代からいつも嬉しそうに裕輔君のことを話す麻衣を見ていたので、今日こうして2人の姿を見れてよかった。良い人に出会えて本当によかったね、麻衣。本当におめでとう。結婚しても、今までみたいに買い物に行こうね。お茶でもしながら新婚生活の話もゆっくり聞かせてください。
 
あのとき麻衣が陸上部においでよって言ってくれなかったら、きっと陸上での楽しい思い出も、麻衣とのたくさんの楽しい思い出もなかったと思います。いつも背中を押してくれて、励ましてくれて、支えてくれて。本当にありがとう。これから、裕輔くんとずっと仲良く歩んでいってくださいね。
 
【締めの言葉】

※この例文は著作権法で保護されています。

 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。
 
ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」
 
 

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました