結婚式スピーチ作成センター

【例文】主賓(社長・上司)スピーチ 一覧

 
下記の例文はすべて結婚式スピーチ作成センターが作成したものです。
ご依頼前のご参考になさってください。

社長から社員(新郎)へ
従業員200人の建設会社「株式会社イーストサップ」の社長が主賓として社員である新郎の結婚式 披露宴で発表する原稿。

恩師(大学教授)から教え子(新婦)へ
東武学院大学大学院教授が学部時代からの教え子である
新婦の結婚式 披露宴で述べる原稿。

出版社の上司から部下(新婦)へ
中規模出版社の上司による部下(新婦)である新婦の結婚披露宴で発表する原稿。

旅行会社の社長から部下(営業部 新郎)へ
従業員30名の旅行会社「スズキタ旅行」の社長が従業員(新郎)の結婚披露宴で述べる原稿。

出版社の上司(編集部の部長)から部下(新郎)へ
従業員100名の出版社「ヤマダ出版」の編集部部長が上司の立場として読む部下(新郎)の結婚披露宴での原稿。

観光バスの運行会社の社長から社員(運転手の新郎・ガイドの新婦両方)へ
観光バス会社の社長の祝辞。バス運転手、ガイドの社員同士の結婚を観光バス会社の社長らしい文面で新郎、新婦両方の主賓でのお立場でお祝いしています。

自動車部品メーカーの研究開発部門の上司から部下へ
自動車部品メーカー、「株式会社メーカーズハーツ」研究開発部長が贈る、部下である新郎の結婚披露宴での原稿。

歯科医院の院長から職員(受付 新婦)へ
ニーバー歯科医院の院長が女性職員に贈る結婚式の祝辞。院長の立場をしっかり務め、あまり堅苦しくない祝辞となっています。心温まる祝辞です。

整形外科の看護師長から看護師(新婦)へ
看護師長から、看護師である新婦に読む祝辞。看護師という仕事を通して、これからの結婚生活を頑張ってほしいという、女性らしい心温まる内容となっています。

焼肉店の店長から部下(新郎)へ
自営業の焼肉店店長が述べる結婚式の祝辞。立ち上げ当時から店を一緒に支えてくれた社員に贈るお祝いの言葉です。

会社の先輩から後輩(新郎)へ
入社5年目の先輩社員が、後輩社員の結婚式で述べるスピーチ。仕事でもプライベートでも付き合いのある後輩社員を、カチッとした内容にしつつも、少し柔らかめの表現でお祝いしているのが特徴です。

店舗の代表者によるスピーチ。大学時代の後輩と一緒に店舗運営をしている
友達だからこそ、意見が衝突して、気まずい空気になったり、ときには口をきかないこともあったり。「友達」と一緒に店舗運営をするのは大変なはずです。ですが、紆余曲折を乗り越えてきたからこそ、素直に感謝の気持ち・祝福の気持ちがお話できるんじゃないかと思います。

新郎も新婦も部下(もとは新郎の紹介で新婦が入社した) 上司のスピーチ
社員であった新郎の紹介で、新婦(当時はいわゆる彼女)も自社で仕事をすることになった。新婦は子連れであるため、新郎は結婚後すぐに父親となる。今回は、新郎・新婦両方の立場での上司のスピーチです。

保育園の園長先生から保育士(新婦 2歳児担当)へ
仕事でも、プライベートでも良い関係を築いている新婦が、ついに結婚。
新婦の今後を応援し、深い思いやりで祝福するあたたかいスピーチです。

建設業の社長から独立した元部下へ
職人として経験を積み、独立した後も交流が続く新郎と社長(発表者)。仕事の、そして人生の先輩として、激励と祝福を贈る祝辞です。

人材が大切。観葉植物リース会社の社長の結婚式スピーチ
新郎はいわゆる仕事ができる人で熱心に頑張る人。熱い社長は新郎のことを買っていて、幸せになってもらいたい、輝かしい未来を歩いていってもらいたいと、強く思っています。

歯科医院の院長から副院長(新郎)へ
以前、同じ歯科医院に勤める同僚歯科医師だった新郎。発表者の独立を機に呼び寄せ副院長に。二人が目指すのは日本の歯科医療を世界に広めること。仕事に熱中している二人だからこそ共感できる思いがある、そんな内容です。

通信回線の営業会社社長から社員(営業担当者 新郎)へ
人を思う社長であるからこそ、結婚式当日、新郎の頑張りを伝えることができます。「利益よりも、人としての愛情と思いやり」という言葉が社長の性格を表しています。

太陽光発電の工事会社の社長から取締役(新郎)へ
元は友達同士の社長と新郎。でも公私はきっちり分けて、自分たちの夢に向かって進んでいます。仕事中心の話になりがちな内容を、家庭のほうにも話を向けることで温かい祝辞にしています。

工務店社長から、元社員で独立し今は外注先になっている新郎へ
元社員で今は外注先として頑張ってくれている新郎。工務店の社長はそんな新郎のことを可愛がっていて、彼の仕事への姿勢や遅刻をしたことなど、面白く、そして温かく伝えています。

介護サービス会社の上司から部下(デイ、介護士)へ
介護という仕事に対する熱い想いを持った新郎に、信頼を寄せる上司。新郎らしい人生、また、新婦との充実した結婚生活を願っている内容です。

上司から部下(社長の息子)へのスピーチ(気を遣うパターン)
社長の息子が結婚する。自分は上司にあたり、息子のことは小さい頃から知っていて、よく遊んであげた。将来の社長だからこそ、上司としてしっかり育てていこうという思いがあり、また、幸せになってもらいたいという思いがあります。

エステサロンの上司から部下(新婦)へ
おもてなしの心と強い責任感を併せ持った新婦。そんな新婦を大切に思っていることが伝わってくる、あたたかなスピーチです。

警備会社の上司から部下(新郎)へ
仕事仲間であり、音楽仲間でもあるお二人。新郎の新しい門出をお祝いし、応援する気持ちがたくさん込められています。

居酒屋の店長へ贈る社長のスピーチ
一緒にお店を形にし、励まし合いながら頑張ってきた新郎と発表者様。祝福と喜びがたくさん詰まった祝辞です。

男気あふれる社長から、頼れる社員(新郎)への祝辞
十年間成長を見守ってきた新郎の結婚式。その情熱的な仕事ぶりは、発表者様譲りのものでは?と感じられるほど、祝辞も熱い内容のものとなっています。

料理人見習いである新郎に贈る、レストランの店長のスピーチ
店長と料理人見習いというよりは、お父さんとやんちゃな息子のような距離感。主賓の祝辞でありながら、エピソードも言葉遣いも、やわらかく少しくだけた内容となっているのが特徴です。

非破壊検査会社の社長から技術員である新郎へ
二年半前に入社した新郎。非破壊検査という珍しい職種に就きながらも腕のいい技術員として発表者からの信頼厚く業務に励んでいます。新郎のことを買っている発表者。新郎の将来に大きな期待を寄せながら、円満な家庭を願って贈る祝辞です。

リフォーム会社の社長から期待のホープである新郎へ
総合リフォーム業を営む発表者と、会社のホープである新郎。業務としても、人柄としても信頼している発表者から、今後の結婚生活を心から祝福、応援する祝辞をお贈りします。

【例文】警備保障会社の女性社長のスピーチ(若手社員が新郎)
新郎は、25歳にしてすでに社歴が7年目に入っている。いっぽう、社長さんは40代の女性。新郎のことをとてもかわいがってきた。まるで肝っ玉母さんがかわいい息子にお祝いの言葉を述べている、そんな例文です。

アルバイトの頃から頑張ってくれている新郎へ贈る社長のスピーチ
大学生の時にアルバイトとして働いてくれていた新郎。嬉しい報せに喜び一杯の社長から、温かい願いをお伝えするスピーチとなっています。

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。
 
ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」
 
 

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました