結婚式スピーチ作成センター

主賓のスピーチは、どの程度なら砕けても良いのか?

あんまり硬いスピーチもいやだから、ある程度は砕けた内容にしたい。

こんなふうに思っていらっしゃる方が多くいらっしゃいます。

程度の問題ですので、明確な答えはありませんが、少なくとも、あなたが主賓という立場であるということは、押さえておく必要があります。

あなたは、新郎新婦の職場の上司や社長、あるいはなんらかの組織での上役にあたるわけですので、その立場で砕けすぎたスピーチをしてしまうと、
ご臨席の方が、「新郎新婦はこんな人の下で仕事をしているのか」とネガティブな印象を持ってしまう可能性もあります。

ガチガチの内容にする必要はありませんが、限度をわきまえた表現を心がけたいものです。

「砕けているかどうか」を感じるのは、自分の性格にもよりますので、なかなか判断が難しいんです。ですから、簡単な方法をご紹介したいと思います。

■一般常識に照らし合わせる

要は、「常識(普通の感覚)で見ればどうなのよ」ということですね。これである程度は絞り込めます。

ですが、これだけですとまだ少し判断材料としては弱いですので、そこで2つ目です。

■第三者に見てもらう(特に奥さんがいい)

客観的に判断できるように、できあがったものを第三者に見てもらうといいですね。一番いいのは奥さんです。なかなか辛らつな言葉で感想を話していただけます(笑)

最後に少し余談ですが、ここでは「どの程度なら砕けても良いのか?」という視点で見てきましたが、これは文字通り程度の問題であって「極力、砕けてはいけない」ということではありません。私たちの経験で言えば、むしろ砕けた表現があったほうが角の丸いスピーチになって、そのほうがいいのではないかということです。

この辺は、スピーチをするあなたの性格にもよりますので、正解はないんだという気持ちでスピーチの内容を準備されるのがよいですね。

 
 

作成した例文です。参考にどうぞ!

→会社社長が、社員(新郎 営業部所属)の結婚披露宴で述べる内容

→上司である編集長が、部下(新婦 編集局)の結婚披露宴で述べる内容

→旅行会社社長が、社員(新郎 営業部)の結婚披露宴で述べる内容

→上司である部長が、部下(新郎 出版社編集部)の結婚披露宴で述べる内容

→観光バス会社 社長が、社員(新郎・新婦両方)の結婚披露宴で述べる内容

→自動車部品メーカーの上司(部長)が、部下(新郎)の結婚式で述べる内容

→歯科医院の院長が、受付の方(新婦)の結婚式 披露宴で述べる内容

→整形外科の看護師長が、看護師(新婦)の結婚式 披露宴で述べる内容

→焼肉店の店長が、店員(新郎)の結婚式 披露宴で述べる内容

→自動車会社の先輩社員が後輩社員の結婚式で述べる内容

 
 
 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 


 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。
 
ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」
 
 

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました