結婚式スピーチ作成センター

スピーチの暗記は安心材料

結婚披露宴のマナーとして、紙を見ながらスピーチをしてはいけないということはありませんので、その点では別に暗記をしなくてもいいのですが、私どもでは暗記することをお勧めしています。

なぜなら、

1、紙にばかり頼ると、「話す」ではなく正に「読む」ことになり、淡々としたスピーチになってしまう。
2、しっかりとスピーチを覚えておくことで、式当日のプレッシャーや緊張が、少しかもしれないが軽減することができる。

という理由があるからです。


暗記といっても、受験勉強のような、機械的に一字一句間違いなく覚えるということではなく、話す内容の柱を押さえるという意味の暗記です。

一字一句暗記した場合、式当日、暗記したものを一字一句話す、つまり、紙を手に持っているか、頭の中に紙があるかの違いで、いずれにしても読んでしまう行為に繋がっていきます。

ですから、覚えていただく場合は、「次は新郎の仕事ぶりの話」「その次は一緒に食事をしたときの話」「そして結婚生活の話」など、話の柱を押さえていただいて、次に何の話をするかを覚えていただくのが賢明です。

語尾や接続詞など、細かな表現は変わっても問題はありません。
たとえば「~でございます」が「~です」に変わったからと言って、スピーチの内容に影響はありませんので大丈夫です。

そして式当日は、お手元の紙をお守りがわりくらいだと思って使ってください。
忘れて真っ白になることはありませんし、また、読むために持っているわけではなく、確認用(次はたしか新郎の仕事ぶりの話だったな など)として持っていますので、それに頼らず、ご自身の当日のお声で話すことができます。

その他、関連した内容をご覧ください。

→スピーチの練習は、本気で「読む!」そして「話す!」

→小さいメモを使ってはいけない

→紙(メモ)を見ながらスピーチ 何か一言が必要か?

→あがり症の人のスピーチは上手くなくていい

 
 
 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 


 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。
 
ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」
 
 

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました