結婚式スピーチ作成センター

我が社、当社、弊社、小社。どれを使う?

社長さんや上司の方だったら、自分の会社のことを何て言うのがいいと思いますか?

スタンダードな言い方は、4つあります。

我が社

私たちの会社という意味ですね。
ちょっと偉そうなと言いますか、鼻の下に立派なヒゲをたくわえた大きな会社の役員が言いそうで、あんまりイメージがよくないかもしれませんね。

当社

もっともスタンダードな言い方です。
我が社ほど目線が高くありませんので使い勝手がいいですが、下に挙げている弊社や小社ほど、低いところから言っていない言葉ですので、使わないほうがいいとまでは言いませんが、あまりお勧めはしません。

弊社

私たちの会社という意味を、へりくだって言ったものです。
ビジネスシーンでよく聞く言い方ですね。
結婚式では、この言い方を使うのが適しています。

小社

弊社と同じ意味で、私たちの会社という意味を、へりくだって言ったものです。
ただ、文字で見る分には分かりやすいのですが、「しょうしゃ」という発音は、どうもよくわかりづらいですので、あまり声に出して発表するときには適していないように思います。

こういったところですね。

このなかで、小社は興味深いですね。
つまり、結婚式のスピーチは、声に出して発表するためのものですので、そこを念頭に置いたほうがいいんです。
って、そもそも結婚式に限ったことではなく、プレゼンなどビジネスシーンでもそうですね。

よくありがちな間違いとしては、格好良いからという理由で、すごく難しい言葉を使う方がいらっしゃいます。
字面で見たら意味は分かるんですが、音で聞いてもなんのこっちゃという状態です。


ですから、言葉の意味ももちろん大切ですが、その言葉の音にも注目する必要があるんです。

 
 

主賓の立場の例文を見てみる
→会社社長 社員(新郎 営業部所属)
→上司(編集長) 部下(新婦 編集局)→旅行会社社長 社員(新郎 営業部)→上司(出版編集部部長) 部下(新郎 出版社編集部)

→観光バス会社の社長 社員(新郎・新婦両方)

→自動車部品メーカー上司(部長) 部下(新郎)

→歯科医院の院長 職員(新婦 受付)

→整形外科の看護師長 看護師(新婦)

→焼肉店の店長 店員(新郎)

→会社社長(大学時代の先輩) 社員(店長 大学時代の後輩)

→会社社長 社員(新郎・新婦両方 再婚子連れ)

→保育園の園長 保育士(新婦)

→建設会社社長 独立した元社員(新郎)

→保育園の園長 保育士(新婦 すでに退職)

 
 
 
「作成サービスの詳細」はこちら
 
「お申し込みから納品まで」はこちら
 
 
無料見積もりは、下記のいずれかの方法でご連絡ください。

お電話の場合:
073-435-0707
(10時~18時 土日・祝を除く)

メールでの無料見積もり:
メールフォームはこちら
(クリックすると開きます)

FAXでの無料見積もり:
FAXの用紙はこちら
(ワードファイルが開きます)

 


 

メニュー

 

各種作成サービス:

※もちろん下記以外にもさまざま対応しています。

 

社長・上司(主賓)の立場

 

親族代表(おじ おば)の立場

 

その他のサービス:

翌朝10時納品サービス

 

運営責任者

 

運営責任者の西山です。
もし、あなたが結婚式のスピーチ原稿作成でご不便をお感じなら、どうぞご連絡ください。あなたを温かくお迎えする準備をしてお待ちしています。
 
ごあいさつ「スピーチ代筆への思い」
 
 

料金は後払いです

 

取材を受けました。

朝日新聞に掲載されました